HOME>アーカイブ>賃貸オフィスを借りるならマッチングが大切【良物件を見極めよう】

賃貸オフィスを借りるならマッチングが大切【良物件を見極めよう】

男女

賃貸オフィスや賃貸事務所を利用しよう

事業が軌道に乗って社員の数が増えてきたり、自宅オフィスでは限界が出てきた場合などは賃貸オフィスや賃貸事務所、貸事務所などにオフィス移転をしましょう。賃貸オフィスで事業を展開すれば、自宅の住所を使わないで済むほか、会社としての体裁が整う事にもなるので会社の為にもおすすめです。オフィス移転はコストがかかるものですが自分のオフィスの場合、応接室や会議室を持つ事ができる点も魅力の一つですね。

オフィス

移転する際にかかる費用

賃貸オフィスや賃貸事務所、貸事務所にオフィス移転する際は以下の費用が掛かります。「部屋を出る際の退去費」「オフィスからオフィスへの引っ越し費用」「引っ越し先のオフィスの開設費用」です。移転計画を立てる際はまずは3つの費用の区分を設けて、それからコストに見合う引越し方法を選ぶ事が重要です。移転に係る費用として言われているは社員一人につき2~3万程度で見積もる事がポイントです。ただし業種やそれ関連の荷物の量によって差が出る場合があります。

オフィス移転を依頼する流れ

男性

移転計画を立ててオフィスを選ぶ

オフィス移転が決まった場合、まず決めるのは「移転計画」です。移転の理由を明確にして、必要ならコストなども考慮に入れて移転計画を立案し実行に移します。オフィスは一度移転したらすぐに移転はできません。どんな賃貸オフィス、賃貸事務所、貸事務所に移転するのか慎重にオフィスを選びましょう。

オフィスプランニングを依頼する

オフィス移転計画が順調に進み、賃貸オフィスや賃貸事務所、貸事務所と契約したらそれぞれの部署や部屋に応じてたコストなどに配慮しレイアウトなどを決めるオフィスプランニングを実施します。特に仕事の動線に影響する空調やネット配線には細心の注意が必要です。

移転に関する手続きを経て引越しをする

オフィス移転には官公庁への書類手続きや、インターネット回線の手続き、取引先へのお知らせや社員へスケジュールをアナウンスするなど細かい取引や連絡のやり取りが必要となります。せっかく借りた賃貸オフィスや賃貸事務所、貸事務所へスムーズに移転ができるよう効率よく段取りを済ませましょう。

広告募集中