初期費用を節約する

バーチャルオフィスとは起業するにあたりベースとなる住所を貸してくれたり、郵便物の転送や電話転送、会議室レンタルなど実際そこに会社がなくても起業をするのに困らない諸々の代行サービスを行ってくれたりする業者です。東京都内の一等地やオフィス街として知名度の高い場所で運営している事が多いのが特徴です。バーチャルオフィスのメリットはわざわざオフィスを借りずとも会社としての体裁が保てるため、オフィスを借りる費用や事務所を整える際の費用などの初期費用を抑える事が可能です。初期費用を節約したい人はまずはバーチャルオフィスを借りてみましょう。

バーチャルオフィスを選ぶ際に確認しておくべき内容

オフィス

会社登記が可能かどうか

起業をする場合、本社の住所を決定し法務局で法人登記をする必要があります。その際の住所登録をバーチャルオフィスの住所を使って法人登記することが可能です。自宅住所で法人登記するのはちょっと気が引けるという人におすすめです。東京の有名オフィス街の住所で登記することも可能ですが、バーチャルオフィスによっては登記できない場合もあるので確認しておきましょう。

自分の行動範囲の場所にあるか

バーチャルオフィスの便利な点として、郵送の転送や電話転送、貸し会議室などのサービスがありますが、速達やすぐに受け取らなければいけない荷物などがあった場合は直接オフィスに取りに行く必要があります。フットワーク軽く受け取るためにも自分の行動範囲内にバーチャルオフィスを構えるようにしましょう。

オフィスの住所の確認

バーチャルオフィスは東京都内の有名なオフィス街や知名度のある土地などを住所にあるオフィスをレンタルし、その住所を使う事ができるというメリットがありますが、たとえば同業者で同じところにバーチャルオフィスを構えているなどという人も少なくありません。自分の使いたい住所が同業者と被っていないか必ず確認して下さい。

自分のニーズにあったサービス内容か

バーチャルオフィスはまだ新しいジャンルのビジネスなので業者が提供するサービスがまちまちです。秘書代行サービスを扱っているところもあれば、会社登記ができないバーチャルオフィスもあります。住所やレンタル料以外にサービスの内容を確認することも必要です。

注意ポイントも押さえておこう

バーチャルオフィスを借りる場合、法人の銀行口座を開設する場合や社会保険の申請などの審査が厳しくなる、という事も注意点として押さえておきましょう。他にも認可を受ける事業をする際や融資を受ける際など「信頼調査」の絡む事に関しては「住所に関する要件」をよく確認してからバーチャルオフィスを借りましょう。

バーチャルオフィスの魅力を検証しよう【初期費用削減のコツ】

男女

バーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスのメリットは東京都内のオフィス街の住所や、知名度の高い都市部などの住所を借りる事ができる点です。起業したてでまだコネクションも強くない方には、住所で信頼を得るというのも一つの手段です。また、新規事業のため様々なサービスがあります。例えば一般的なので郵便や宅配の転送サービス、オペレーターが対応してくれる電話代行サービス、会議室をレンタルできるサービスなどがあるほか、書類保管サービスなどを実施しているところもあります。
場所によっては法人登記もできて秘書代行サービスまでついているバーチャルオフィスもあり、大変便利です。何よりうれしいのは初期費用の節約になること。起業をするならまずはレンタルオフィスを借りて事業を展開するのも一つの手段でしょう。

[PR]
オフィス移転の申し込み
ポイントなどを参考にしちゃおう

[PR]
名古屋にある貸事務所を大公開☆
立地条件の良い物件を見つけよう

広告募集中